ブログ運営

『サイトリストに含まれていないサイトで広告コードが検出されました』!?一体何が起こったのか

こちらのブログでこんな話を取り扱うことになるとは…!

こんにちは、芳乃です。

今回はブログの運営について、新しい発見があったので少し備忘録として書き残しておきたいと思います。

興味がある方は是非最後まで読んでいってください。

AdSenseで警告文がでた!?

ことの始まりは、アドセンスで警告文がでたこと。

しかし、このサイトにはどのページにも広告はありませんよね。

そう、登録しているのはこことは違うサイトです。

私は、このサイト以外に『一戸らずり』名義で漫画ブログを運営しています。

少しでも収益になればと、そちらのサイトにはGoogle AdSenseを貼っており、管理をしていたのですが、ある日突然

『サイトリストに含まれていないサイトで広告コードが検出されました』

の警告が。

全く身に覚えがなく急いで詳細を確認したところ、ここ『ねこまんめ』のURLがヒットしました。

まさかの……!

警告が出る時とは?

こちらの警告、実はそんなに深刻なものではありません。

というのも、アドセンスを登録している人の中にはサイトをいくつも所有している場合が多いからです。

そのため一つの可能性として、所有している色々なサイトにアドセンスのタグを貼ったもののアドセンス側にサイトの登録をし忘れており、タグを検知したアドセンス側が『このサイトアドセンスのページに登録してないけど本当にあなたのサイト?』と確認に来た可能性が高いです。

なので、その手順を忘れている場合はきっちりアドセンスに登録をしましょう。

ただし、昔とは違いサイトの登録をしたところですぐに収益化ができるわけではなく、アドセンスを貼るに値するかを再度審査されることになります。

一方で、気をつけなければいけない場合も。

それは、見知らぬ誰かに勝手にアドセンスのタグをコピーされて使われている場合です。

一体そんなことをして誰が得をするんだ?と思うんですが、こういった事例が時々あるそうです。

その場合でも焦らなくて大丈夫です。

身に覚えのないサイトが表示されている場合は、私のサイトではありませんとクリックしておけば良いのです。

ただ、自分のサイトが丸ごとコピーされていて著作権の侵害が…となると、法的措置に出た方がよいかもしれませんね。

今回の原因(私の場合)

さて。私の場合は一体どちらだったのか。

私の場合は自分のサイトが表示されていたので、どちらかといえば上の事例。

でも、アドセンスを申請した覚えもない。

ではなんだったのか。

結論:タグの消し忘れ

です!!!!!

 

というのも、このサイトができた当初はブログをメインに運営しようと思っていました。

そのため、アドセンスの申請も頑張っていたことがあります(審査に通りませんでしたが 笑)

しかし、新しく漫画用のブログを立ち上げることにしたため、ここを仕事の窓口用のサイトに変更。

そのままサイトの再編成をして運営を始めたのですが、その時にheadタグからアドセンスのタグを消し忘れていたのです。

それが、最近になって更新が増え、少し閲覧数が増えたことでアドセンス側が反応したということでした。

アドセンスの審査に通るようなサイトではないので、タグを消した上でこのまま警告は放置しても良かったんですが、折角なのでもう一度申請を出してみました。笑

申請が通ったらまた報告しますね!

まとめ

アドセンスは収益に直結するものなので、警告が出ると焦りますよね。

でも、今回の場合は原因をきちんと突き詰めれば焦るような警告文ではありません。

登録されていないとされるサイトはどこなのか、身に覚えはないか、ひとつひとつ可能性をみて、不要な場合は「私のサイトではありません」でクリックをすれば大丈夫です。

皆さんのアドセンス生活に幸多からんことを!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください